薬剤師転職活動で重視すべきこと

薬剤師転職活動のコツ

薬剤師の転職を成功させるためには「正しい手順を踏んだ転職活動」を進めることがポイントです。「とにかく、好条件の職場で働きたい!」と闇雲に求人情報を収集するだけでは成功率は上がらないでしょう。では、どのような手順を踏むべきなのか?ここでは、薬剤師の転職活動の大きな流れをつかんで下さい。

意外に思われるでしょうが、転職活動のスタートは「求人選び」ではありません。 むしろ「求人選び」は最終的な段階と言っても良いのではないでしょうか。 求人情報を収集する前に行うべき事は、「どんな職場でどのように働きたいのか」を明確に絞る事なのです。

この「希望条件」を決める際、そのほとんどが「転職理由」が元となってくるかと思われます。 求人選びで「希望条件」がポイントになってくるのですが、「転職理由」は面接対策として重要になってきます。
保育園看護師に強い求人サイトは?

「転職理由」とは、「=なぜ現在働いている職場を辞めたいと思ったのか?」という理由ですね。 多くの場合は面接の場でこの「転職理由」が聞かれます。つまり、面接官への印象を落とさない確固たる「転職理由」を固めておく必要もあるでしょう。

あなた自身の希望条件が固まったら、「どの方法で求人情報を収集するのか」を考えてみましょう。 求人を探す場合、イメージされやすいのはハローワークではないでしょうか。 また、求人情報誌や新聞の求人欄などでも探す事ができますね。

近年では、「薬剤師の転職支援サイト」を使った転職活動がメジャーになりました。 求人情報の数も多く、専属のコンサルタントへの相談などのサービスも充実していますので不安や疑問の多い転職活動を進める上で心強いツールだと言えるでしょう。 よりズムーズな転職活動を進めたいのであれば、「転職支援サイト」への登録も重要なステップです。

「薬剤師の転職支援サイト」への登録後は、コンサルタントの助言や指導のもと履歴書の作成や面接対策を行います。 最初の段階で定めた「希望条件」をコンサルタントに伝え、よりあなたにマッチした求人を選びましょう。

このように転職活動では、「求人選び」の前に済ませておくべき段階がある事、またより優位に進めるために賢く利用するべきツールがある事を覚えておきましょう。 公益社団法人 茨城県看護協会

↑ PAGE TOP