薬剤師の年収アップのポイント

薬剤師の年収の上げ方とは?

薬剤師として勤務し続けていると、ある不思議なことに遭遇することがあるかもしれません。 それは、生々しい話なので知らない人は知らないままなのかもしれませんが、自分よりも後に転職で入社した薬剤師の方が、多く給料をもらっているということです。

ずっと働いてきたのに後から入った人のほうが給料が高いなんて、ちょっとおかしいとは思いませんか? しかし、これってしかたのないことのようですね。 薬剤師に限らず、一般企業でも同じ現象が怒ることがあるのです。 その理由は「今すぐに人材が欲しい」と思っている企業の多さ(需要の多さ)と、転職を考えている薬剤師の数(供給)のバランスが影響しているからです。

また、前の職場の給料よりも低い職場への転職は、よほど勤務条件が合っていなければあまり考えないと思います。 人材が欲しい企業は、前職の給料を考慮してくれる企業もあり、その影響で後から入った新人の方が年収が高いということが起きてしまうのです。

よく求人募集に「前職の給料を考慮します」というのを見かけませんか? 特に地方の薬剤師の人材が不足しているエリアですと、このような求人が多くなるそうです。 「前職の給与を考慮」してなおかつ、人材不足のエリアの場合、年収を今よりもアップさせることが可能になります!

ただし、年収がすぐに上がる分、ある程度の犠牲は必要になります。 このようなおいしい求人は、都会ではまず見つけることはほとんどできませんので、地方に行くことになります。 都会ぐらしに慣れてしまっている人は、都会から離れなくてはなりませんね。

また、お友達とも離れ離れになってしまうので、交流する機会が一気に減ってしまいます。 お金というものは生きていくために一番大切なものと言っても過言ではありません。 一番大切なものを手に入れるためには、このような犠牲を出さなくてはならないのです。 それでも良いのならば、思い切ってこのような求人を探して転職してみても良いと思います。

↑ PAGE TOP