薬剤師が管理薬剤師を目指すメリット

薬剤師になったら早めに管理薬剤師を目指しましょう

管理薬剤師を目指している人って結構いると思いますが、すぐになれる人といつまでたってもなれない人がいるそうです。 その理由は、管理薬剤師とその他の薬剤師との能力の差です。 管理薬剤師になれる人は周りよりも、圧倒的に高いスキルを持っています。

スキルというのは、薬学の知識はもちろんですが、医薬品を管理する能力や、この人なら大丈夫という総合的な部分ですね。 周りと差を付けるほど高いスキルを持っていれば、新卒で就職して数カ月後には管理薬剤師なんてこともあるようですよ!

管理薬剤師になるのには、スキルの高さが重要であり、勤続年数などは特に関係無いということです。 そのため20代後半や30代になっても、管理薬剤師になれない人も多くいます。

管理薬剤師になる能力は薬局などでそれぞれ差はあると思いますが、薬剤師は結構転職の多い職業ですので、従業員の入替りは必ず何年かに1回はあると思います。 その際に能力があれば、管理薬剤師になるチャンスが恵んでくるのです! だたし、管理薬剤師になったとしても、能力不足と判断された場合は、すぐに戻されてしまいます。

管理薬剤師というのは、会社から一人前だと認められた証でもあります。 勤続年数が何年もあって、もうすでにアラサーに突入しているのに1回も、管理薬剤師としての経験がない場合は、会社から一人前だと認められていないということになります。 自分は仕事ができる!と思っていても、実は会社からみたら、優秀な人はもっとたくさんいて、あなたは結構下の方だということもあります。

管理薬剤師の経験は、職務経歴書に書き込むことができます。 もし20代後半以上で管理薬剤師の経験がない場合は、あまり仕事ができないのかもと転職が難しくなることもあります。 そのため、入社後すぐに管理薬剤師を目指すくらいの勢いでスキルを上げていくことがおすすめです。 転職をしたいと思った時に周りとの差を付けて優位に立つためにも、是非管理薬剤師は早めに目指してみてください。

↑ PAGE TOP