薬剤師が調剤薬局を開業するには

薬剤師が独立して調剤薬局を作るには?

薬剤師が独立して調剤薬局を作るために、大切なことがあります。 調剤薬局を作ることについて知りたいことと言えば、どうやって作ったのかだと思いますが、実は調剤薬局を作るのに、どうやって作るのかという部分は重要ではないのです。

それよりも重要な事は「なぜ」調剤薬局を作るのかなのです。 調剤薬局を作る理由をはっきりさせることが、調剤薬局を作るのに大切なことです。 そして、独立をしたことを羨ましいと思う薬剤師はたくさんいますが、行動に移す薬剤師はほとんどいません。 理由の次に大切なのは、行動に移す有希なのです。

ちなみに、開業する理由は本当になんでも良いのです。 はっきりした目的があればいいので、ただ単に「今よりもお金を稼ぎたい」「自分が一番偉くなりたい!社長になりたい!」「大金持ちになってモテたい」などなんでも良いのです。

また、上司に色々指導されているうちに「これはおかしいのではないか?」「自分の方法の方が絶対に効率良いのに・・・」など上司に不満を抱き、自分ならこんな調剤薬局にするのになぁと、自分の中に理想の調剤薬局を描いていく人も居るのではないでしょうか?

だったら、その理想を実現してみてみませんか? ただ、この最初の一歩ってとっても勇気が必要なのです。 文句があるなら自分で理想の薬局を作る!理想があるなら実現する努力をする!これが独立するために重要なポイントです。

独立を目指す薬剤師の人は、まずは行動してください。 行動しなくては何も始まりませんし、いつまでたっても独立はできません。 そして、なぜ調剤薬局を開業するのかを考えてください。 行動と目的ができれば、調剤薬局を開業できる可能性が大きくなります。

また、行動を起こす際は、いつ開業してもいいように自由な状態でいるようにしましょう。 完全な無職でいろというわけではなく、開業するまでの準備期間は、パートやアルバイトで働くことが理想的です。 パートやアルバイトは、薬剤師の転職支援サイトで探すことができます。

コーディネーターを設置しているサイトの場合は、開業することを伝えて、準備期間中の勤務を了承してくれるアルバイト先を紹介してもらいましょう。 はっきり伝えればその分はやく見つかりますよ! 独立をしたいと思っている、薬剤師のみなさん! 勇気を出して最初の一歩を踏み出してみてください!

↑ PAGE TOP